副業としての不動産投資でマンションを貸したいと考えてオーナーになりました

たくさんのこだわりがありました

ただし、不動産投資をおこなうにあたり、最初はまったくの素人であった私にも、たくさんのこだわりがありました。
例をあげれば、その貸したいと考えるマンションのオーナーとなる自分が、本当に住みたいと思える土地柄などの場所であることです。
また、自分が住むことを考えた場合、ただ単に機能的な住居であることだけではなく、広さにもゆとりがあって居心地が良いと思えるマンションでなければならないとも思いました。
実際、オーナーとなるにあたってはいろいろと自分でも調べてみたのですが、価格がある程度高い新築物件であっても、収入に余裕のある人や企業からの借りてはつくことが一般的なようでした。
しかし、5年、10年と時が経過するにつれて物件の価値は下がり、こちらが今まで通りに貸したいと考えていても借り手がつかなくなってしまう場合もあるようなのです。
そこで、たとえマンションそのものの築年数が経って古くなってしまったとしても、借り手から見ていつまでも魅力のある物件だと思えるようなマンションのオーナーにならなければならないと考えました。

オーナーになることは思っていたよりも簡単たくさんのこだわりがありました自分が住みたいと思えることが必要不可欠